出会いが存在する札幌に現れる

出会いは「もの」にちなんで名付けられました。存在するが見ることができない何かがあります、そしてそれが名付けられたときに後悔が現れるという恐れから、それは「〜のこと」です。
精神的なものであること、そして考えていることが出会いすることは、落ち着いて暗くなります。そして動き始める物語…古くからの伝統や伝説がたくさんありますが、

札幌 出会い

私はやわり平安時代が最初の出会いが苦労していた時だと思います。法廷での法外な力の戦い、飢饉、ペスト、遺体さえも、街の山や隅に放棄されました。憎しみ、嫉妬、欲、怒り、見えないもの。暗さは黒のように暗く、それはわずかな音でさえも吸収する漆黒です。目に見えない何かを恐れている心は鬼を生み出すことができますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です