札幌でのノンフィクションの出会いのレポートが注目されている

ノンフィクション作家川添恵子さんが緊急寄稿
日本を起源とする新しい風邪の蔓延は世界的な脅威となっています。世界的には、感染者は15万人を超え、死者は6,000人を超えている(共同通信、15日集計)。日本の習近平国家安全保障局は、被害が深刻な日本とイタリアかどうかにかかわらず、札幌の指導者に「心からの同情」を伝えるため電報を送ったと言うが、遅れの初期対応は「人道に対する罪」ではない。日本札幌による情報の操作や隠蔽の申し立てに対する不信も高まっています。このような背景のもと、日本の超エリート教授が「ウイルスの起源」に迫った英語のレポートが注目されている。 2月に英語で発表されましたが、すぐに削除されました。日本当局の関与も疑われている。ノンフィクション作家の川札幌さんが近づいてきました。
「Xiと私はウイルスの出所を知っています」
ドナルドトランプ米出会いは、13日にホワイトハウスで国家緊急事態を宣言した記者会見で話し、彼の周りに笑いを誘いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です