本当に勇気があった兵庫の割り切り


私:「共同名を持っているとき、どのような順序で使用しますか?」

店員:「そうです。右から右へ書くことは一般的ですか?」

‥兵庫の割り切り
なるほど、そのとおりにしてください。

それで、右から「ノッチ、○○、△△、××」(後輩の中で一番年上)と書いてもらいました。


ここで突然気づきました。

年齢の順番は年功を意味するので、謙虚に終わりにしましょう。

これは私たちの国の美徳ではありませんか?


先代の恥となると悔しいので、慌てて店員に申し出た。


「私は最年少だと思いました。最後にノッチを入れてください!」


年齢が変わったときにどうしたらいいかわからないけど、こう書いてほしいと頼んだだけ。


今回は、また不安が高まりました。

年齢の順に書くのが一般的ですが、1日の終わりに自分の名前を付けるのは年齢のなりすましにすぎません。

若い学生と一緒に若いというような恥ずべきトップコートではないですか?

‥兵庫の割り切り
しばらく這った後、彼は勇気を持って再び店員を申し出た。

恐ろしいが断固たる。


「結局のところ、私は最年長だった…いいえ、ノッチを最初に戻してください!」兵庫の割り切り


店員は私の指示に従って書き直し、Pokarnと私をじっと見つめていました。

ああ、これで結構です。

実は私が一番年上です。兵庫の割り切り

はいはい。

兵庫の割り切り‥
まあ、これは本当に大丈夫ですか?

ああ、またわからない! !! ‥

…そして私の頭が回転し始めました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です