札幌の出会いの方法はひどいものでした

「札幌の出会いのドラマ️」
冬のドラマは比較的楽しかった
おそらくグランドメゾン東京とマリーゴールドの4分、シャーロック

グランドメゾンはグッドラックの復活を思い出させるように作られています(曲も山下達郎です)、懐かしさを感じながら、徐々に友達が集まって最高のチームを作っていくというのはよくある話です…嫌だったり笑ったりしている。
札幌の出会いながら、最終ラウンドの丸め方法はひどいものでした
前作の札幌の出会いと和解することはできても、最後の戦いを盛り上げることは可能でしょうか?
キム・タクの最後の公演で助かったのかな…

マリーゴールドの不思議な七尾のキャラは良かったです…福士はどんなドラマにも見られるような暗いキャラの新しさを感じません…桐谷は興奮していたので暗すぎずにまとめました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です