出会いでの変な経験を札幌で思い出しました

すぐに出てこないので、変な経験はしません
思い出しました。
大学2が終わる前に、2年間一緒にいたクラスが変わるので、みんなで本を書きました。
出会いに、「今日は死ぬ」と冗談を言った少年がいました。
縁起の良いことではありませんが、大学生特有の野蛮な勇気だったのかもしれません。
彼はハンサムな男ですが、彼は痩せていて痩せていて、クラスから応援団に選ばれ(おそらく半分のいじめ)、おそらく後悔による反発のために、2年間応援団のメンバーになっています。彼はハイ3に達する前に出会いします。
彼の古いクラスメートは、彼が夏休み中に自動車事故で亡くなったことを知らされました。彼はハイ3に達したときに忘れていました。
原付を運転中にガードレールに接触した際、後ろから車がぶつかった。
誰もが後日葬式に出席しましたが、彼の死をコレクションの内容に関連付けた人は何人いますか?
冗談を言ったり、不運なことを言ったりしないでください。

「出会いは実際には校長です」
国会議員の指示は悪いことでも受け入れますか。
番号!今では、上司からの指示があっても、コンプライアンス(会社または世界の規則)に違反してはならず、上司または日本を非難しなければなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です