札幌の出会いを私は喜んでいた

黒体に大和の模様が描かれており、ハンドルの中央には大砲が装備されていました。

ボタンを押すとランプが点灯し、 “札幌の出会い!”という音がします。ね。

まあ、私はそのような代札幌の出会いに座っていました、しかし私はその時喜んでいた、そして私は至る所で発砲していたので、私はそれを気にしません。

札幌 出会い

道を通る歩行者や車は、一方の端から大砲にさらされています。

それがどれほど効果があったか覚えていません、しかし今私が自転車に乗って波の大砲を使うならば、正面の人と車は確かにモーセの海のように開くことができるでしょう。

予想通りそれは恐ろしい波の大砲です。
大切な人は辛いらしい
札幌の出会いが難しいように思われるとき、私はいつも言う言葉。

何か私にできることはありますか?
私はいつもすべてに耳を傾けます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です