視覚的に物語があった札幌の出会い

「塩の街」は
私は宇宙から飛んで世界に注いだ札幌の出会い
巨大な塩の結晶が人を塩の結晶に変えると言われています
それはあなたが得たい未知の病気「塩害」を広める物語です。

感染経路は視覚的です。
つまり見て感染している
体の端から徐々に塩になります
悼まれながら終わりに達する。

これは何かに似ていませんか?

札幌の出会いすぐに私の頭に浮かんだのは放射線でした。

 

 

この本は2004年に出版されました。
原子力発電所は東日本大震災で放射線を散乱させる
何年も前に。

札幌の出会い何かを予見したような気がします。

本と現実の間の大きく決定的な違い
それは私たち人間が放射線の原因だからです
それについて。

辞めたくない政府や政治家
彼らに投票したのも日本人です。札幌の出会い

それは本当にいいですか?

たかひろヾ(* ‘ – ‘ *)マタン♪

平成も今日も含めたら、直後
50日
歴史のマイルストーンは近いです。
「平成」という言葉が使われ、よく知られていて好まれていましたが、もうすぐ終わります。
次号も4月1日に発表されます。
それは何でしょうか?

平成から50日後
最初の声は「許容範囲」です
(意味不明)札幌の出会い
2番目の単語は “Dub”です
(女の子が寒い場合でも、男性用の上着を着用しないでください。はい。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です